Home Search Log Admin
森てるおの雑記帳

森てるおの日頃の出来事や考えていること、イベントのご案内などちょこちょこっと書いていきます。毎日は更新できませんが、時々覗きにきてくださいね。


  告示日へ、準備完了!
Date: 2018/12/08(Sat) 01:18
4日は事前審査に行くつもりが、時間が合わず、5日の閉会日を挟んで6日に行くことにして、同日、書類を見せに行ってきた。若干の書き漏れや訂正箇所があったものの、無事全部の書類が整っていることが確認された。あとは告示日当日、事前審査済みの確認印を見てもらえばいいだけだ。準備完了、というところ。

  届け出書類の準備
Date: 2018/12/03(Mon) 17:52
市議会議員選挙立候補届け出書類の準備がほぼ整った。明日にも事前審査での確認を受けたい。

あとは選挙カーの準備をして、車両の事前審査に備えようと思っている。

明後日は今任期最後の本会議。現在の議員がそろうのはこれが最後だ。

終了後に懇親会が行われる予定だが、もちろん任意参加だから、全員がそろうかどうかはわからない。

12月23日の日曜日が投開票日だ。連休の中日、投票率も気にかかる。

来年1月21日から新しい議員の任期が始まる。その新しい議員の顔ぶれが23日にも決定する。丸山市政の市民軽視の政治をけん制できる陣容になることを望みたい。

  選挙スタッフになってくださ〜い!
Date: 2018/11/30(Fri) 18:31
2018年11月が終わろうとしています。明日からは12月、4年ぶりの選挙の月になります。とはいえ、準備が全く進んでいません。

選挙といっても、日常活動の評価をしていただくのが私の考えですので、特別に選挙のための事前の活動はしません。

告示後の選挙カーでの遊説が主な選挙運動です。しかしそれにしても、公営掲示板へのポスター貼りの人手集めや、運転手やアナウンサーの手配、届け出書類の作成、ポスターや、選挙公報の作成などで時間がかかります。また、選挙のために12月議会が前倒しになっています。

それらの結果、9月議会の報告「森てるおの拡声器66号」の配布という日常活動の時間が奪われて、配布にたいへんな遅れが出ています。

どうか、拡声器のポスティングにご協力ください。

そして選挙にかかわっては「告示日のポスター貼り」「選挙カーの運転手」「車中アナウンサー」「応援演説要員」などを求めています。ぜひともご協力ください。

この際一度は選挙に関わってみられてはいかがでしょうか。

  拡声器66号の駅頭配布を始めました。
Date: 2018/11/15(Thu) 10:35
12日から議会報告「森てるおの拡声器」の駅頭配布をしています。

12月16日告示の市議会議員選挙を控えて、日常活動がやりにくくって仕方がありません。「市議会議員森てるお」の旗も「森てるおの拡声器」の旗も「森てるお」の個人名が入っているから公職選挙法に抵触するとして使わせてもらえません。
また、各駅とも連日「立候補予定者」に占拠されている有様で、日常活動としての「拡声器の配布」を伴った議会報告に支障が出ています。

今日なんか、5か所めぐってやっと空いているところにありつけました。

あと6か所、ふさがっていることや、雨の日のことを考えたら、あと何日ぐらいあったら終わることやら。

選挙は、新人さんを別にして、現職は4年間の任期中の活動の評価をしてもらうためのものだと思っています。
選挙の直前になってお願いや名前の連呼をしているのがおかしい。また、「あれやりました、これやりました」と自己宣伝していますが、議会が結論を出したことは誰かの手柄というものではありません。誰かの手柄だとしたら、行政との関係でみれば、そっちのほうが問題になります。行政との癒着であるとか。

森てるおの4年間、どのように評価してくださるのでしょうか。楽しみです。

  16日から第4回定例会(12月議会)
Date: 2018/11/12(Mon) 16:28
例年は12月中の開催ですが、今年は12月16日告示、23日投票で市議会議員選挙が行われることで、思いっきり前倒しになりました。

この4年間、自民党・公明党に加え民進党(現在は立憲民主改革フォーラム)が与党として多数を握り、市長は楽チンで乱暴な行政を行ってきました。
今回の選挙では、与党の議席数を減らし、市長与党を少数にすることが必要です。

アメリカ中間選挙で民主党が下院で多数となり、ねじれが起こりました。政策決定が停滞するという声がありますが、政党間の綱引きだけを見ていればそう思ってしまっても不思議ではありませんが、民主主義の何たるかを知らない人の言い分です。
アベ政治のように議論もそこそこに、数の力でおかしな政策が次から次へと強行されていくのがいいわけがありません。

ねじれがあるということは、政策を進めるためには丁寧な説明と説得が必要になるということです。市民がそれを見て、政策の良しあしに口出しができるということなのです。
ただし、政党間の綱引きで物事を決める、そんな姿であってはいけない。政党から自由な無所属が力を持つべきだと思っています。

無所属は国政の最大多数派「支持政党なし」の層を代表しています。無所属を応援してください。

  安田純平さん、解放!よかった!
Date: 2018/10/25(Thu) 18:54
シリアで武装勢力に拘束されていた安田純平さんが無事に解放された。3年4か月ぶりである。見た目には元気そうでほっとしている。

私たちの目として紛争地域や、私たちが目にすることのない地域に行ってその地域の姿、出来事を報告してくれるフリーランスのジャーナリストの存在がいかに大切かを私は知っている。
映像ジャーナリストも百聞は一見にしかずの情報を届けてくれる。

こんな情報は大手マスコミの記者には入手できない。記者の命を預かる会社が取材を許可しないのだ。政府の役人だって、命を懸けて情報収集に行ったりはしない。

福島第一原発の事故のあと、真っ先に現地からの報告をしてくれたのもフリーランスのジャーナリストたちだった。
大手マスコミの記者は、現地への立ち入りを会社から許可されなかった。

私たちに届く情報の中に、危険を承知で取材するフリーランスが掴み取ってきたものがたくさんあることをぜひ知ってもらいたいと願う。

今回はまだ「自己責任だ」と声高に叫ぶ人たちは多くない。安田純平さんが帰国してから現れてくるかもしれない。しかし、心無い人たちの、狭い了見には、私も立ち向かっていきたいと思う。

  西東京市議会災害対策支援本部の初の訓練
Date: 2018/10/21(Sun) 19:06
本日、西東京市総合防災訓練が行われました。

西東京市議会では、すでに災害時に議会として何をするべきか検討し、市の災害対策本部を支援する体制を作ることにしていました。

本日の総合防災訓練に合わせて、初めての訓練を行いました。
参集、その途上での市内状況の確認、災害対策支援本部の立ち上げ、対策本部との連絡体制の確立・・・等々。

改善点、検討を要する事柄など、山ほど出ました。まあ、初めての訓練はその洗い出しが目的でもあるので、結構なことであったと思います。

  いよいよ市議会議員選挙が視野に入ってきました。
Date: 2018/10/15(Mon) 17:10
今日は、12月23日に投開票される西東京市議会議員選挙の立候補予定者説明会でした。参加したのは予定者の数にして36名。
全員が必ず立候補するというわけではないが、反対に今日は参加しなかったけど立候補するという人がいてもおかしくないので、当然に、増減はあります。

争点は何か、ということですが、28人を選ぶ選挙です、単一の争点であるわけがありません。それぞれの候補者が自分のポリシーを訴えて支持を集める作業をするのだから、市民の皆さんも中身を聞いて投票するということになります。

私は、市民が主役、市民が主人公の市政にしようという思いを持ち続けています。市民が主役であれば、まちの将来を決める権利が市民にあります。今、まちがどうなっているのか、課題は何か、どんな進み方をしているのか、すべて市民が知り判断することができる状況でなければなりません。市民が判断する際に必要になる情報のすべてが市民の手の中にあるのか、この点にこだわってきました。

2013年の市長選後の2年間、情報の出し手がなくなり、議会も行政も市民の目から見えない存在になってしまいました。見られていないのをいいことに、乱暴な行政が形作られてしまいました。そして2年ののち私が復帰して、「拡声器」の発行を再開し、乱暴な行政・議会を白日の下にさらしだしたら、形だけでも市民のほうを向いているふりをしなければならなくなりました。

衆人環視の中で悪いことができる人は、そうはいません。行政も議会も市民の監視のもとにおかれなければ次第に乱暴なものになっていきます。見てるぞ、知ってるぞという市民の素振りが行政や議会に緊張感をもたらします。

「情報公開の徹底」をやり続けて、若い世代にその役割を引き継いでもらいたいと思います。町を市民のものにするために。

  あなたの決意、私の決意・・・憲法前文
Date: 2018/08/27(Mon) 13:07
日本国憲法を「わたし」を主語にして読み替えたらその意味がよくわかる、と教えられて憲法前文を読み返してみました。憲法が私の中で輝きを増した思いがしています。

日本国民とは「私たち」のことです。私たちとは「わたし」の集合体のことです。「私」「あなた」が憲法の、そしてこの国の主人公です。

以下、憲法前文(一部を口語文表記にしました。)


わたしは、正当に選挙された国会における代表者を通じて行動し、わたしとわたしの子孫のために、諸国民との協和による成果と、わが国全土にわたつて自由のもたらす恵沢を確保し、政府の行為によつて再び戦争の惨禍が起ることのないようにすることを決意し、ここに主権がわたしに存することを宣言し、この憲法を確定する。そもそも国政は、わたしの厳粛な信託によるものであつて、その権威はわたしに由来し、その権力はわたしの代表者がこれを行使し、その福利はわたしがこれを享受する。これは人類普遍の原理であり、この憲法は、かかる原理に基くものである。わたしは、これに反する一切の憲法、法令及び詔勅を排除する。


わたしは、恒久の平和を念願し、人間相互の関係を支配する崇高な理想を深く自覚するのであつて、平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、わたしの安全と生存を保持しようと決意した。わたしは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と偏狭を地上から永遠に除去しようと努めている国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思う。わたしは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。


わたしは、いづれの国家も、自国のことのみに専念して他国を無視してはならないのであつて、政治道徳の法則は、普遍的なものであり、この法則に従うことは、自国の主権を維持し、他国と対等関係に立とうとする各国の責務であると信ずる。

わたしは、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを誓う。

  ー戦争を記憶にとどめる夏ー恒例の映画会のご案内
Date: 2018/07/27(Fri) 17:01
恒例の映画会は以下の日程と内容です。
いずれも柳沢公民館視聴覚です。

8月12日(日)14時〜 「スウィングキッズ」
以前上映しましたが、若者がナチスに惹かれていく心象が
よく描かれています。今の日本でも共通点が見えてきます。

8月26日(日)14時〜 「アルマジロ」
アフガン戦争に従軍したポーランドの若者の実態をリポートする
ドキュメンタリー映画です。

参加費無料:大勢の皆さんのご参加を願っています。

- Sun Board -